メンバー

メンバー

代表挨拶

(株)プロサポは、お客様が人生のnext stageへ挑戦をサポートする会社です。
人生100年時代と言われている昨今、学生から社会人まで、パラレルキャリア 、デュアルキャリア、セカンドキャリア 等様々な形で、自分自身のキャリアを模索されていることと思います。
私は、民間企業を経て、大阪国税局で約15年勤務していました。国税局での仕事は、使命感もあり大変有意義でしたが、私自身学生時代から現在に至るまで、サッカーという競技を通して様々なスポーツ選手と交流を深めていく中で、税務の知識を生かしながら、スポーツ選手の力になれるような仕事に取り組んでみたいと考えるようになり、税理士としてセカンドキャリアを歩み始めました。前職での専門知識はもちろんのこと、今までの様々な経験が形を変え全てが繋がっていることを日々感じています。
開業して以降、人々に夢と感動を与えてきたプロのスポーツ選手のセカンドキャリアは、大変厳しい状況になっており、不安を抱えている選手が多いことを痛感しています。また、アスリートに限らず、どなたにとっても人生においてのキャリア選択には不安が伴うものであり、情報過多の現在の中で計画的かつ適切に準備を進めることは困難を極めます。一方で、働き方が多様化し、きちんと準備をしていけば未来の可能性が広がっていることも事実です。
そこで、私を含め様々な士業のプロが集結し、はたらくすべての人が現役中から将来に向けての準備を行い、next stageへスムーズに移行し、その後も輝き続けていただくためにこの会社を立ち上げました。自らのキャリアは選ばされるのではなく、自らが選んでゆくものです。皆様のより良いキャリア選択のためにぜひお隣でお手伝いさせていただきたいと思います。

Not face-to-face ,but side-by-side

プロサポ代表  西河 隆平

税理士

西河 隆平

株式会社プロサポ代表。15年間勤めた大阪国税局を退局。主に所得税、法人税を対象とした調査畑を歩み、高度な調査力と組織力を駆使し、 大口・悪質な納税者の対して特別調査を実施する国税局資料調査課(いわいる「リョウチョウ」)における調査経験を持つ。小学生から始めたサッカーを社会人まで続け、滋賀県代表(現 SHIGA CITY MFC)として、第81回天皇杯全日本サッカー選手権大会に出場経験がある。自他共に認める「サッカー狂」であり、幅広い経験と知識から、現役のプロサッカー選手から税務相談だけでなく、セカンドキャリアやデュアルキャリアの相談等も受けている。

社会保険労務士 / キャリアコンサルタント

西座 由紀

大学卒業後、民間企業を経て転職。国家公務員Ⅱ種試験(現・国家公務員一般職採用試験)に合格し、労働局に入局。厚生労働事務官として、事業主の求人相談及び雇用保険業務を担当し、その後、学卒及び一般就業支援業務に携わる。2010年に労働局を退局後、フリーのキャリアコンサルタントとして活動を開始。翌年の第2子妊娠中にCDA及び社会保険労務士の資格を取得する。
現在は主に大学でキャリア形成及び就職関連の授業を担当しながら、企業の労務相談・助成金業務をはじめ主に若者をターゲットとした採用コンサルティング・新人教育・人事研修など精力的に活動している。「わかりやすく、おもしろい」をモットーに参加・実践型のセミナーを得意とする。

司法書士 / 行政書士

南野 裕紀

大学卒業後、株式会社HISに就職。営業担当として活躍したが、個人で独立開業したいと考え、法律の勉強経験ゼロから、「司法書士」へ挑戦。現在は、大阪市内で開業し、不動産登記、商業登記、相続、裁判事務等様々なジャンルの案件を担当している。 中学時代は陸上3種競技で全国3位、高校・大学時はアメリカンフットボール部に所属しており、バリバリの体育会系人間。「人生は挑戦」がモットーであり、現在も出身大学のアメフト部の後援会の中心となり、後輩たちの挑戦を陰から支えている。